×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 沖縄旅行・旅情報TOP > 沖縄の家庭料理 > 現在位置 お気に入りに追加


沖縄風 ソーメン


ソーメンってどんな風に食べてますか??

ソーメンって、青ねぎをチョット散らした麺ツユにつけて シンプルに食べるもの
だとずぅ〜〜っと思ってました。

でも、ある夏の日、沖縄の友人宅の家にお呼ばれして、
そこで出されたソーメンにビックリ!

だって、ソーメンと一緒に色んな具が並んでいて、それを皆、ソーメンの上に乗っけて食べているんですからぁ〜〜!!

もぅ、ほとんど冷やし中華状態!!


我家では、友人Uさんに教えてもらったとおり、
トッピングは、ツナ、キュウリ、錦糸玉子の3点です。

お好みでハムを入れる人もいますが、それでもツナははずせません!!

ツナの油とソーメンが奏でるちょっと濃いハーモニーにはまります。(笑)

 我が家の作り方

・・・でもね。

これが結構おいしいんです!!

我家ではこの食べ方を知って以来、ソーメンといえば、この食べ方です!(笑)


   沖縄風ソーメンの材料  (4人分)
・ ソーメン
・ ツナ
・ キュウリ
・ 卵

・ 市販の麺ツユ (個人的にはカツオ風味が好きです。)
4束
大1缶
適量
4個 (量はお好みで)

適量 
>>材料の購入はこちら

   我が家の作り方
1. ソーメンをゆでるお湯を沸かす。

2. お湯を沸かしている間に、錦糸玉子を作る。

3. キュウリを細切りにする。(斜めに切って、さらに縦に切る。)

4. ツナ缶を開ける。 ツナの油がある方がおいしいので、油は強くきらない。

5. ソーメンをサッとゆでる。

6. ゆでて、水で冷ましたソーメンを器に盛り、好みの量の具を載せ、
   麺ツユをかけて出来上がり。


ぜひ、お試しあれ〜〜☆








      


▲トップへ
Copyright (C) 沖縄旅行・旅情報 All Rights Reserved.