×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

沖縄移住
 沖縄旅行・旅情報TOP > 沖縄移住 > 沖縄移住適性診断 お気に入りに追加


沖縄移住適性診断


沖縄移住は人生の中での大切な決断。
まずは、自分の沖縄移住適性度をチェックしよう!

(あくまでも目安です。お遊び感覚でやってくださいね♪)

1 沖縄には2回以上行ったことがある。 YES NO
2 沖縄の料理が好き。 YES NO
3 時間を守れない人は許せない。 YES NO
4 お給料が下がるのはイヤ。 YES NO
5 仕事に活かせる資格や得意な分野がある。 YES NO
6 違う環境への適応能力はある方だ。 YES NO
7 沖縄の気候が好き、又は、好きな方。(暑さと湿度) YES NO
8 のんびりしている人を見るとイライラする。 YES NO
9 人間関係よりも利益が大事だと思う。 YES NO
10 自分の考えはどんなときでも貫き通す。 YES NO


★回答★
1、2、5、6、7、の答えが YES ⇒ 各1点  NO ⇒ 各0点
3、4、8、9、10の答えが NO ⇒ 各1点   YES ⇒ 各0点


●10点満点
おめでとうございます!
あなたは沖縄に移住しても、元気にたくましくやっていけるでしょう♪準備が整い次第、沖縄移住を実現させましょう!

●8〜9点
多少戸惑うこともあるかと思いますが、イザ引っ越してしまえばどうにかなるでしょう。沖縄に理想を求めすぎなければ大丈夫☆楽しくやっていけるでしょう。
●5〜7点
沖縄への憧れが強いあなた。旅行者として見る沖縄と、実際に住むための沖縄とではだいぶ変わってきますので、まずはプチ移住して、沖縄生活を体験してみては?
●4点以下
沖縄に魅力を感じているあなたですが、実際に移住するとストレスがたまることが多いでしょう。観光客としての立場で沖縄に訪れる方がむいています。


・・・はてはて、結果はいかがでしたでしょうか?
あくまでも、お遊びなので、あんまり気にしないで下さいね。

でも、実際、それぞれの質問には意味があるんです。

リンク部分をクリックすると、解説箇所に飛びます。)

1 沖縄には2回以上行ったことがある。
2 沖縄の料理が好き。
3 時間を守れない人は許せない。
4 お給料が下がるのはイヤ。
5 仕事に活かせる資格や得意な分野がある。
6 違う環境への適応能力はある方だ。
7 沖縄の気候が好き、又は、好きな方。(暑さと湿度)
8 のんびりしている人を見るとイライラする。
9 人間関係よりも利益が大事だと思う。
10 自分の考えはどんなときでも貫き通す。


 沖縄には2回以上行ったことがある。
⇒ できたら、過去1〜2年の間に行っているのが理想です。なぜかというと、時間がたてば経つほど、沖縄に対する理想や憧れが膨らんでしまいがちだからです。なので、沖縄移住を決断する際は、多少交通費がかかっても一度キチンと沖縄に訪れて、観光客ではなく移住者としての視点で沖縄を見てから決断を下すことをおすすめします。


2 沖縄の料理が好き。
ま、別に沖縄料理が食べられなくてはダメってことはないのですが、なんやかんやと沖縄料理を食べる機会はたくさんあります。(職場の飲み会や打ち上げなど。。)
それに、やっぱり、沖縄の料理が好き♪っていう気持ちは地元の人に自然と伝わりますので、人間関係のちょっとした潤滑油になります。^^


3 時間を守らない人は許せない。
沖縄には「オキナワ・タイム」というのがあります。(あ、新聞の『沖縄タイムス』ではないですよ。笑)

ま、簡単に言ってしまえば時間にルーズだということです。^^

友人と待ち合わせするときとかは、「○○時に!」ということもないことはないのですが、たいていの場合、「○○時後(アト)ねぇ〜☆」なーんて言い方をします。
例えば、「2時後ねぇ〜」って言ったら、それはつまり、2時以降ならいつでもOKというわけなのです。
しかも、待ち合わせの時間に家を出る・・・
というのも珍しいことではありません。。(笑)


4 お給料が下がるのはイヤ。
もし、金銭的な生活レベルを落としたくない!というのであれば、沖縄移住はあまりおすすめしません。(ま、十分な資金や収入のメドが立っていれば、この限りではありません。)
というのは、沖縄のお給料は、内地と比べると低いからです。
ま、転職先にもよると思いますが、私たちの場合は内地での社会人3年目のときにいただいていた額に、30代前半になっても追いついていない状況です。
「よ〜く、考えよぉ〜♪お金は大事だよぉ〜♪」(CM風)←古い!?(笑)


5 仕事に活かせる資格や得意な分野がある。
沖縄の失業率は全国平均に比べると高いです。なので、やはり何かアピールできる資格や経験を持っていると有利です。
看護士さんなどの医療系は人材が不足しているので、就職先には困らないと思います。あと、WEBデザイナーなどのIT関係もよく求人が出ています。

沖縄の求人情報が見れます⇒ 楽天仕事市場


6 違う環境への適応能力はある方だ。
気候や湿度だけでなく、考え方や感覚も違うものがあります。
そういう違いを楽しめる人は、すんなりとすぐに沖縄に馴染めるでしょう。


7 沖縄の気候が好き、又は、好きな方。
1年のうち、半分以上は20℃を超えている沖縄。
紫外線は強く、湿度の高い沖縄の夏は地元のうちな〜んちゅでもヒーヒー言うほど。
わたしの友人の中には、沖縄出身者であるにもかかわらず、この暑さが苦手でもっと涼しい所に引越したぁ〜い!!と叫んでいる人が2人ほどいます。(笑)
温暖な気候が好きに越したことはありません。^^


8 のんびりしている人を見るとイライラする。
東京や大阪といった内地の都心部に比べると、沖縄は島全体がゆったりとした時間が流れています。たとえば・・・、『交差点で停まっていたら信号が青に変わりました。でも、なかなか前の車が動きません。さて、あなたは何秒待てますか?』って聞かれたら何て答えます?
1秒? 3秒? 5秒? 8秒? 10秒?
(笑)

最近は那覇では結構せっかちな人が増えてきていますが、郊外に行けば、5秒〜はクラクションを鳴らさずにのんびり待ってる人が多いです。^^


9 人間関係よりも利益が大事だと思う。
これは、職場でのできごとですが、ある内地出身の人が会社の業績を上げようと頑張って、他の社員にもハッパをかけていました。でも、その頑張り方がそこの会社の雰囲気とは合わなかったようで、次第に社員の中から愚痴が。。で、結局クビになってしまったのは、愚痴をこぼした社員ではなく、張り切った人だったのだとか。。^^;
(もちろん、こんな会社ばっかりではありませんよ!ただ、面白かったので、この話をしてみたかっただけです。笑)


10 自分の考えはどんなときでも貫き通す。
自分の意見をしっかりと持っていることはいいことです。でも、こと沖縄の歴史や戦争の話題になると、気をつけた方がいいです。どんな意見かにもよりますが、「内地出身」というだけで、ややこしくなってきますから。。^^;デリケートな話題は気をつけましょう。





▲TOP






Copyright (C) 沖縄旅行・旅情報 All Rights Reserved.