×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

沖縄移住
 沖縄旅行・旅情報TOP > 沖縄の年中行事(旧暦) お気に入りに追加


沖縄の年中行事

代表的なものだけを取り上げています。

旧暦 行事名 読み方 行事の内容
1月 1日 旧正月 キュウソウグヮチ


波上宮
元日の未明に、井戸から汲んできた水を仏壇に供えて、年始廻りをします。で、この水は若水(わかみず)といって、男の子が汲むというしきたりがあったそうです。

ちなみに、管理人は波の上宮に初詣に行きます。
⇒ 初詣の様子はこちら

3日 初起し ハチウクシ


はちゃぐみ

仕事はじめの儀礼。
はちゃぐみ っていうお米のお菓子を食べます。「はちゃ」は「初起し」や「景気付け」という意味で、「ぐみ」はお米のこと。今年も一年みんな元気でがんばれますよーにっていう願いを込めて食べます。
7日 七日節句 ナヌカヌシック 松飾を取って、七草の雑炊を仏壇にお供えします。

16日 十六日 ジュウルクニーチー グソー(あの世)のお正月。墓前や仏壇にご馳走をお供えしてご先祖さまを供養します。
この時期に故郷に帰れない人は、自分の故郷の島に向かってご先祖さまに手を合わせます。

20日 二十日正月 ハチカソウグヮチ 正月の終わりの日。
正月の飾りを取り払います。

吉日 年日祝い トゥシビー 自分の干支の年(生れ年)を祝いします。
旧正月中生れ年と同じ日に行ないます。

2月 吉日 彼岸 仏壇にご馳走をお供えしてご先祖さまを供養します。
3月 3日 浜下り ハマウイ
(ハマオリ)


名城ビーチ
潮干狩りの行事。でも、本来は内地のひな祭りと同様、女性たちの行事で、潮で身を清め、健康を祈願するという意味があります。

豚を煮たものや、フーチバー(ヨモギ)のご飯など、ご馳走を重箱につめて、浜に出ます。
浜に着いたら、3回続けて波を飛び越え、潮の水を少し浴びて身を清め、それから、貝やもずくなどを採ります。

吉日 清明 シーミー 親戚中がご馳走を持ち寄って、ご先祖さまのお墓の前に集まって、お墓参りをします。
お墓の前にブルーシートやゴザを敷いて、その上にご馳走をならべて、皆でお重箱をつつきます。
まるでピクニックをしているような光景です。

5月 4日 四日の日 ユッカヌヒー 子どもにとっては嬉しい日。それは、「すくすく育ちますように」という願いをこめて、おもちゃを買ってもらえるから!(笑)
あと、各地の漁港では豊漁を祈願してハーリーをします。サバニという木船に10人ぐらいで乗り、どの船が一番速いかを競争するのです。皆が息をそろえてサバニを漕ぐ姿はとてもカッコイイです。

5日 五月五日 グングヮチグニチ


あまがし
邪気を払う菖蒲(しょうぶ)の茎であまがしを食べて、子どもの成長を祈願します。

ちなみに「あまがし」とは沖縄風ぜんざいのことです。
(ぜんざいに麦が入ったものをあまがしと言う場合が多いようです。。)

7月 7日 タナバタ お墓の掃除をして、衣類などの虫干しを行ないます。

13日 ウンケー 「ウンケー」には「お迎えする」という意味があって、あの世のご先祖さまをお迎えします。

14日 ナカヌヒー 「ナカヌヒー」とは「中の日」。つまり、3日あるお盆の真ん中の日ってことですね。^^
でも、地方によっては特にこういった呼び方をしないところもあるようです。

15日 ウークイ

お盆の最終日。ご先祖様をあの世へお送りします。
その時に、「 うちかび」というあの世のお金を燃やしてご先祖さまがあの世にに持って行けるようにします。

8月 8日 トーカチ 米寿(八十八歳)のお祝い。

15日 八月十五夜 ハチグヮチ
ジュウゴヤ
お月さまをおがんで、フチャギ餅を供えます。
宮古島ではクイチャー踊りがあります。

吉日 彼岸 2月のお彼岸と同じ。

9月 7日 カジマヤー 97歳の長寿のお祝い。

9日 菊酒 菊の葉を浮かべたお酒を仏壇にお供えして、家族の安全を祈願します。

吉日 パーントゥー 宮古島の島尻地方で行なわれる来訪神のお祭り。
村の悪を払います。

11月 13日 冬至 トゥンジー 豚肉や里芋などの入ったトゥンジージューシーを仏壇にお供えします。

12月 8日 鬼餅 ムーチー


ムーチーストラップ
月桃(サンニン)の葉で包んだお餅をお供えして、家族の健康を祈願します。

24日 御願解き ウガンブトゥキ 火の神の祈願を解く日。
台所の火の神の前を清めて、洗米を供えます。

末日 年の夜 トゥシヌユールー 年越しの夜。



▲TOP




Copyright (C) 沖縄旅行・旅情報 All Rights Reserved.